サンカラーマックス デメリット

サンカラーマックス,デメリット

 

光で染める白髪染め「サンカラーマックス」。

 

部分染めやちょっとした白髪染めにとっても便利!

 

蛍光灯の明かりでも染められると重宝されています。

 

 

そんなサンカラーマックスのデメリットとは?

 

事前に知っておくと安心なので調べてみました。

 

 

サンカラーマックスのデメリットとは?

 

髪 不満 女性

 

調べてみると、いくつかのデメリットを発見できました。

 

あくまでも私見ですが、知っとくと安心できると思うので紹介しますね!

 

 

髪の内部(奥)は染まりにくい

 

サンカラーマックスは、光で染めるという特性上、光が当たらない部分は染まりにくいです。

 

毛量にもよりますが、髪の内部の方を染める場合は分け目を入れ替えるなどする必要があります。

 

対策:分け目を入れ替えて光を当てる

 

染まりが悪いと緑色っぽくなる

 

塗布した部分への光量が足りないと、サンカラーマックスが緑色っぽくなることがあります。

 

しっかり光を当てることで解消できますが、知っておかないとビックリしてしまいます。

 

対策:しっかり光を当てる

 

光量が弱いと時間が掛かる

 

サンカラーマックスは蛍光灯でも染まりますが、綺麗に染まるまでにはかなり時間が掛かります。

 

「12時間以上掛かった」との声もあるので時間を確保できる時に使うようにされてください。

 

 

 

まとめ

説明する女性

髪の内部(奥)は染まりにくい

 

染まりが悪いと緑色っぽくなる

 

光量が弱いと時間が掛かる

 

以上、3点がちょっと使いにくいかもと感じたポイントでした。

 

とくに全体染めに使いたいという方は、しっかり光を当てるように意識されてください。

 

部分染めやちょっと染める程度であれば、これといったデメリットはありません。

 

サンカラーマックスは髪の根元部分を染めるといった生え際染めが便利です(^^♪

 

 

>>サンカラーマックスの公式サイトはこちら

 

 

 

サンカラーマックスの口コミ評判

 

簡単時短

出かける前に塗って外出が出来るので、簡単時短で助かります。

 

うっかりと襟の部分を汚すこともあるので注意が必要です。

 

それでも使い勝手が良いところで、ずっと使い続けています。

手間はかかりません

朝に塗って、あまり屋外に出なくても夜にはちゃんと染まります。

 

光が当たらない部分は染まらないので、分け目や結び方を変えて染めました。

 

手間はかかりませんし、染め上がりには満足です。

薄くならない

一回染まった色は薄くならないのが素晴らしい

 

天気のいい日に太陽に当たると染まりが早いです。

 

 

 

 

口コミまとめ

・白髪を染めるのが楽

 

・使い勝手がいい

 

・クシ1本で染められる

 

「手軽に染められる」とお手軽さ楽さが評判となっています。

 

お出かけ前にもちょちょいと染められるので便利ですよね!

 

2度3度と数日連続して使うと綺麗に染めることができます。

 

 

 

 

サンカラーマックスのお買い得情報

 

今なら1個分のお値段で2個購入することができます。

 

通常価格2本6,600円半額2本3,300円(税込)!

 

 

サンカラーマックス,デメリット

部分染めや生え際染めなら約2ヶ月〜3ヶ月程度持ちます。

 

 

女性向け「濃い茶色のダークブラウン」

 

男性向け「黒に近いダークブラウン」

 

どちらか2色を選択することができます。


 

>>半額で買える!サンカラーマックスはこちら

 

page top